実情にあっていないビジネスフォン業者を使っているのなら、変更をしたほうがいいでしょう。

?ビジネスフォンを理解しよう
?ビジネスフォンを理解しよう

業者を変えたい

オフィスでは、できることならコストを最小限に抑えたいというのが多くの業者の本音でしょう。
長らく続く不景気によって、なかなか業績をアップすることができないので、コストダウンというのは至上命題になっている会社も多いでしょう。
なかには、電話にかかる料金が高すぎて、それが頭痛の種になっているというケースもあるかもしれません。
その場合には、電話機業者を変えてみるという方法で、現状を打破してみるといいでしょう。
実は電話機業者は日本各地にあって、電話工事の代金や電話機などの機材の価格は業者が自由に設定しています。
もしかすると、あなたが現在利用している電話機業者よりもコストを安く抑えることができるような業者もあるかもしれません。
電話工事は電話機を導入するときには必要ですがこの工事の代金は、会社のケースによって変わってきます。
例えば、オフィスのフロアの広さやどのようなレイアウトになっているのか、さらには床にどのような材料が使われているかということによっても変わってきます。
ほかにも設置する電話機の数や電話回線の数も影響をしてきます。
もし料金で比較をしたいのであれば、業者に見積もりをお願いして、比較をしてみるといいでしょう。

NTTへの通知について

もし現在導入しているビジネスフォンでは、会社にかかるコストが少し大きすぎるということになれば、ほかのビジネスフォンを取り扱っている業者に注意してみるといいでしょう。
ビジネスフォン業者はいろいろとありますので、もしかすると現在導入しているビジネスフォン業者よりも安い価格で設置することができる業者もあるかもしれません。
もしコストをよりやすくすることができる業者があれば、そちらに乗り換えをしたほうがいいでしょう。
ところで、もしもビジネスフォン業者を変更する場合ですが、NTTに対する対処はどのようにすればいいでしょうか?
たいていのところは、電話回線はNTTのものを使っていると思われます。
業者の変更をする場合には一見すると、NTTにもきちんと連絡をしたほうがいいと思われるかもしれません。
もちろん業者によって、取り扱いについては少し変わってくるところもありますが、基本的にはビジネスフォンを利用する業者を変更するときにいちいち、NTTに連絡をする必要はないと思ってもらっていいでしょう。
もし必要があったとしても、それは業者の方で代行をしてNTTに通知手続きをしてくれることが多いです。
ビジネスフォンを変えることにより、あなたに手間のかかるような手続きが発生することはまずないでしょう。
関連キーワード

Copyright (C)2018?ビジネスフォンを理解しよう.All rights reserved.