ビジネスフォンを導入したいけれども、いろいろな疑問点があるという人もいるでしょう。

?ビジネスフォンを理解しよう
?ビジネスフォンを理解しよう

導入時の疑問

ビジネスフォンをこれから導入することを検討している人もいるでしょう。
そこで問題になってくるのは、電話加入権の問題です。
固定電話に加入をしている人はご存じかと思われますが、もし固定電話を自分の家などに引っ張ってくる場合には、電話加入権を購入する必要があります。
ビジネスフォンも固定電話の一種ではありますから、原則として、電話加入権を購入する必要があります。
一昔前までは、ビジネスフォンをオフィスに引く際には、必ず電話加入権を購入する必要がありました。
しかし最近では、電話加入権は必ずしも購入する必要はなく、レンタルで加入権を持ち、それを使って、ビジネスフォンを引っ張ってくるということもできるようになっているのです。
依然と比較をすると、電話加入権は、半額に抑えられています。
しかしそれでも税込みで、37800円もします。
もし電話加入権を購入することなく、レンタルでということになれば、月々250円程度支払えば、ビジネスフォンをオフィスに設置することができるようになります。
もちろん、長期的にビジネスを続けるのであれば、電話加入権は購入した方がいいでしょう。
しかし期間限定であるオフィスでビジネスフォンを使用する場合には、わざわざ電話加入権を購入する必要もないでしょう。

すぐに導入したい

オフィスを開業することになって、急きょビジネスフォンを導入する必要に迫られているというケースもあるかもしれません。
そのような緊急事態的なビジネスフォンの設置にも、しっかりと対応してくれるものなのでしょうか?
もし電話回線もオフィスの中に引っ張られていなくて、電話回線の引き込み工事からはじめるということになると、最短で4日は必要になります。
しかしもしすでにオフィスの方に電話回線は引っ張られているという場合であれば、ビジネスフォンを設置するだけということになります。
その場合には、最短で2日程度の作業でビジネスフォンを利用することができるようになります。
もしオフィス開業の準備を短期的に済ませたいという人でも、ビジネスフォンは何とか設置をすることも可能になります。
ただし上で紹介をした日数は、あくまでも最短で工事を進めることができたということを前提にしているということを理解しましょう。
場合によっては、上で紹介した時間以上にかかってしまうことも十分にありえます。
例えば、年度末になってくると、ビジネスフォンを設置したいというところが多くなってくる傾向があります。
すると工事に業者もてんてこ舞いになってしまうので、工事が先延ばしになってしまう恐れもあります。

Copyright (C)2018?ビジネスフォンを理解しよう.All rights reserved.