導入前はもちろんのこと、導入後のことも考えることが重要です。

?ビジネスフォンを理解しよう
?ビジネスフォンを理解しよう

ビジネスフォンの選び方

現在では、いろいろなタイプのビジネスフォンが提供されています。
そこで自分のオフィスでは、どのようなタイプのビジネスフォンがあっているのかということをきちんと比較して、自分たちにとってベストの選択はどれかということを慎重に吟味する必要があるでしょう。
まずは、電話番号について検討を加える必要があります。
ビジネスフォンでは、複数の電話番号を取得することができるところが、特徴の一つになっています。
そこで、どれくらいの電話番号が自分たちにとって必要なのかということを事前に確認をしておきましょう。
またビジネスフォンのいいところは、同時並行で、複数の人が通話することができるところも挙げられます。
この同時に通話できる人数についても、ビジネスフォンのタイプによって変わってきますので、自分のビジネスシーンをイメージしておくといいでしょう。
また電話回線も、いろいろな種類のものが登場しています。
従来のアナログ回線を利用するという方法もあるでしょうし、ISDNや最近ではひかり電話という手法もテレビコマーシャルなどで注目を集めています。
このうちのいずれの電話回線を使うかによっても、ベストのビジネスフォンの選択肢が変わってくることもあります。

導入後に考えるべきこと

もしビジネスフォンを導入することができたとしても、使っているうちにビジネスフォンに対するニーズが変わってくることもあるかもしれません。
例えば、会社の業績が良くて、事業を拡大するということもあるかもしれません。
その場合、電話の回線を増やしたり、電話番号を増やしたりする必要にかられる可能性も十分にあります。
ビジネスフォンで電話番号を導入後に簡単に増やせるかどうか、どれだけ電話番号の数を増やすことができるかということも重要な問題になってくるでしょう。
また現時点では、同時につ輪できる人数が少なくてもいいとします。
しかしもし事業拡大することになれば、社員の数も増えるでしょうし、同時通話の機能を充実させる必要が生じる可能性も多いにあります。
その場合、導入したビジネスフォンをあとになって通話を同時にできる数がどの程度増やせるのかということもチェックをしておく必要があるでしょう。
また事業拡大をして、社員の数が増えたということになれば、電話機も今後増やしていかないといけなくなる可能性も多いにあります。
このとき、どの程度電話機を追加で設置することができるビジネスフォンになっているかということも検討をする必要があるでしょう。
このように導入後のこともきちんと想定をして、ビジネスフォンを選びましょう。

Copyright (C)2018?ビジネスフォンを理解しよう.All rights reserved.