オフィスの中が不在になった時のためのセキュリティー対策も重要です。

?ビジネスフォンを理解しよう
?ビジネスフォンを理解しよう

セキュリティーの問題

通常オフィスは、仕事時間以外はオフィスの中は無人になってしまうのが普通のはずです。
このむ人のオフィスが空き巣などにあらされてしまうということもあるかもしれません。
そこで、セキュリティー対策ということを真剣に検討した方がいいでしょう。
ビジネスフォンの中には、このようなセキュリティーシステムがあらかじめ導入されている場合もあります。
例えば、不審者がオフィスの中に侵入してきたとします。
その時に、電話にセンサーが設置されていて、このセンサーが不審者をキャッチすることができれば、作動をするようなシステムになっています。
大音量の警告音が流れるとか、LEDライトなどを使って、光るといったような機能が搭載されていることが多いです。
おそらく急に大きな音が発生したり、暗かったオフィスが明るくなったりすれば、不審者は相当同様すると思われます。
ですあら、かなり効果を期待することができるでしょう。
そしてもし不審者があれば、複数のところに自動的に電話が発進されるようなシステムになっています。
そこで、ほかのところにいる社員に対して、オフィスで危険な状況がおきているということを瞬時に情報提供をすることができるわけです。
より初期の不審者対策を講じることができるようになるわけです。

カメラの活用

ビジネスフォンの特徴として、ネットワークカメラを設置することができるようになっているものもあります。
セキュリティーセンサーが反応をすると、このネットワークカメラが作動をして、不審者のいる方向にカメラを向けることができるようになっています。
そうすれば、遠隔地にいたとしても、オフィスにどのような不審者が侵入しているのかということを画面上でモニターすることができます。
画像を録画保存をすることもできるので、後になって警察に通報や被害届を提出したりした場合でも、この画像は有力な証拠になって、うまくその場は逃げられたとしても、犯人を検挙できる可能性は高くなります。
このカメラについてですが、複数台を設置することもできるようになっています。
このため、より広範囲をモニターすることもできるようになっています。
電話機ですが、セキュリティー機能が作動しているときには、ハンズフリーで通話することができるようになっています。
ですから、もし通報を社員が受けた場合には、その場でケータイなどを使って相手を威嚇することもできるようになっています。
しかも電話機から発せられる音は、最大音量になるように設定されていますので、かなりの威圧効果を期待することができるでしょう。
関連キーワード

Copyright (C)2018?ビジネスフォンを理解しよう.All rights reserved.