電話をしたくても外出先などで話ができない時にもビジネスフォンは対応しています。

?ビジネスフォンを理解しよう
?ビジネスフォンを理解しよう

会社内の通話

よく取引先に電話をかけると、たまたまあなたが話をしたい人が、外出をしてしまって社内に不在ということもあるかもしれません。
向こうから折り返し電話をかけてくれることが多いですが、そうなってしまうと、すぐに問題の対処をすることができなくなってしまうこともあるでしょう。
このようなビジネスの非効率性を少しでも解消するために、最近のビジネスフォンの中には、外線手動転送という機能が搭載されているものもあります。
外線手動転送というのは、会社に取引先の人から電話がかかってきたとします。
それを外出している担当の人の持っているケータイに転送をしてくれるのです。
そうすれば、自動的に担当者のケータイを使って、直接やり取りをすることができます。
オペレーター役の人が手動でつなぐという方法もあります。
もしくは、専用の装置があって、この装置が自動的に転送をしてくれるようなシステムになっている場合もあります。
もし自動転送の場合、ケータイに転送をしても相手が電車の中や取引の最中などで電話に出られる状況ではないということもあるでしょう。
その場合には、今度はメールを使って、電話連絡が入っていることを伝えるという機能が搭載されているものもあります。

リモートコールバックについて

会社勤めをしているときに、営業などで外出をすることも多いでしょう。
このときに、外出先からいろいろな事態が発生をして、会社の方に連絡を入れたいということもあるでしょう。
一つの方法として、自分でもっているケータイを使って、会社の方に連絡を入れるということもできるかもしれません。
しかしこの場合、ケータイの電話料金がどうしてもかさんでしまう恐れがあります。
頻繁に外出し、頻繁に会社に外から連絡を入れる場合にはなおさらでしょう。
このときに、ビジネスフォンのもっている機能で、リモートコールバックというものがあります。
外出先から電話を会社にかけるとします。
このとき、電話帳のグループの中にあなたのかけているケータイが設定されていれば、指定された会社の回線に電話をすると、ワンコールできれます。
そうすると、今度は会社の方からコールバックをしてくれるという機能になっています。
その結果、ケータイを使うことがないので、自分で電話料金の負担をする必要がなくなります。
少しでも外出先の社員のコストを削減したいというのであれば、ビジネスフォンを設置すべきでしょう。
そしてうえで紹介をしたリモートコールバックを活用するといいでしょう。
関連キーワード

Copyright (C)2018?ビジネスフォンを理解しよう.All rights reserved.