ビジネスフォンの申し込み手続きはどのようにして行われるのでしょうか?

?ビジネスフォンを理解しよう
?ビジネスフォンを理解しよう

申し込み手続きについて

もし自分のオフィスでビジネスフォンを導入することを検討しているとします。
その場合には、申し込み手続きを進めていく中で、いくつか必要な書類が出てきます。
ビジネスフォンのお導入を急いでいるのであれば、必要書類の手配も同時並行で進めることをお勧めします。
もし会社が法人として登録されている場合には、登記簿謄本が必要になりますので、あらかじめ準備をしておきましょう。
また会社の代表者の身分証明書も必要になりますので、準備をしておきましょう。
法人手続きをしているのではなく、屋号の場合には登記簿謄本を準備する必要はありません。
この場合には、責任者の身分証明書を提出すれば、ビジネスフォンを導入することはできるようになっています。
ビジネスフォンを導入したいというケースで多いのは、やはり起業をすることになったのをきっかけにオフィスに電話を導入するからという理由でしょう。
もし起業をして時間もあまり経過していないという場合には、登記簿謄本がまだ出来上がっていないというケースもあるかもしれません。
この場合には、登記簿謄本が出来上がるまでまたないといけないというわけではありません。
身分証明書があれば、ビジネスフォンの導入をすることは可能なはずです。

機械の設置

ビジネスフォンのシステムについてですが、箱型をした主装置と呼ばれるものがまずオフィスの中に設置されることになります。
この主装置から、各電話機を回線を使ってつなぐというシステムになっています。
主装置についてですが、どのようなタイプのものを設置するかによって変わってくると思ってください。
しかし一般的には、コンパクトサイズのものであれば、幅や高さは30cm程度で奥行きは10cm程度のサイズになることでしょう。
大きなものとなってくると、幅が40cmくらいで高さは35cm程度、奥行きは約45cm程度のようなサイズのものもあります。
しかもうえで紹介した主装置を吸う段に積み重ねる、もしくは横に並べて作動させるということもあります。
自分たちのオフィスのフロアの広さなどもイメージして、主装置をどうするかということを決めていくといいでしょう。
一般的に、どれくらいオフィスの中で電話機を設置するかということで、主装置のサイズも変わってくるといわれています。
電話機の設置する台数が多くなればなるほど、主装置の大きさも大きくなっていくという関係にあるといわれています。
ビジネスフォンを導入する場合にはもちろん、機能も比較する必要がありますが、主装置の大きさについても意識してみるとベストの選択ができるでしょう。

Copyright (C)2018?ビジネスフォンを理解しよう.All rights reserved.