もしオフィスを開こうと思っているので、あれば、ビジネスフォンを導入することを検討しましょう。

?ビジネスフォンを理解しよう
?ビジネスフォンを理解しよう

ビジネスフォンを理解する

自分でビジネスをするということになった場合、やはりオフィスには電話が必要になってくるでしょう。
取引先の会社との打ち合わせをするときに必要になるでしょう。
もしくは顧客対応や問い合わせの手段として、電話を使ってやり取りすることもあるかもしれません。
もしビジネスで電話を設置するのであれば、ビジネスフォンを取り付けることも本格的に検討をしたほうがいいでしょう。
ビジネスフォンというのは、いわゆる業務用の電話設備のことを指します。
良く会社情報を見てみると、代表電話番号というものが書かれていると思われます。
こちらに電話をかけると、もし複数台電話機があったとしても、どれでも対応をすることができるようになります。
またもしも同時に複数のところから、代表電話の所に連絡があったとします。
この場合でも複数台電話機を持っていれば、それぞれに振り分けて対応することができるようになっています。
その結果、同時並行で電話による対応をすることもできるようになっているところも、ビジネスフォンの魅力と言えます。
また内線電話機能も有しているので、保留や転送をすることもできますし、離れたところに向かって通話をすることもできるようになります。

従来の電話機との違い

通常オフィスを構えることになった時に、自宅で使っているような従来の固定電話を設置してもいいでしょう。
もちろん通常の電話機を設置して、ビジネスをしているオフィスもたくさんあります。
しかし家庭用の固定電話の場合には、同時に併用することができるのは、最大で2チャンネルまでとなっています。
電話としてとFAXとしての併用をすることができます。
電話とファックスの番号については同じものしか使えないことになっています。
またISDNを導入した場合でも、引いてくることのできる回線は一つしかありません。
ビジネスフォンの場合、同時に4チャンネルを使うことができるようになっています。
しかも電話とファックスの回線を完全に独立して利用することができるようになります。
またもしオフィスにISDNを導入することになった場合、主装置に対して最大で2回線をひいてくることもできます。
複数の電話機に接続をすることで、ネットワークを構築することになります。
この電話機の利用可能な台数についてですが、少ない場合には2台でOKですし、最大ということになると、数百台単位で引いてくることができるようになります。
回線についても最大で数百回線をひいてくることもできるようになっているので、効率的な電話利用が可能です。
関連キーワード

Copyright (C)2018?ビジネスフォンを理解しよう.All rights reserved.